19歳女 貯金も思い出も沢山できたスキー場住み込みバイト

留学する旅費を稼ぐのと、単に興味のある仕事に挑戦したいと思って、19歳の頃に派遣で、スキー場の住み込みバイトをしたことがありました。

大きなスキー場だったので、同時期に雇っている派遣社員も沢山いました。

男子・女子それぞれ別の寮があり、シーズン期間中はそこでみんなでワイワイ過ごしました。

年齢層は当時の私くらいの若くて19歳~30代前半まで。

その中でも20代中盤くらいが多かったです。

寮の部屋は1人部屋というのはなく、だいたい2~4人で1部屋でした。

仕事が終わって寮に戻ると、隣の部屋の人が遊びに来たり、私も遊びに行ったり…。

毎日が修学旅行みたいな感じでした。

休日は滑りに行ったり、近くの街まで出かけたり。

私はもともとスキーが上手なほうではなかったのですが、周りはやっぱりスキー場に働きに来た人だけあって、プロを目指してる人やスキーやスノボが好きで毎年スキー場に働きに来てるくらいの達者な人ばっかりでした。

それがラッキーで、私も教えてもらってすこーしだけ上達できました。

まだまたですが。

スキー場の仕事内容は、レストラン・託児所・レンタルスタッフ・インフォメーション・リフトスタッフなどの部署があり、事前に自分のやりたい部署を選んで働きました。

私はレストランを選びました。

よく、一番大変な部署と言われていたのですが、その分やりがいも充実感もあって私はすごく楽しかったです。

それに、レストランのスタッフは月3千円くらいでレストラン内の食材が使えて賄いを食べられたので、”今日は何を作って食べようかな”と毎日考えられたのも幸せでした。

ピザを好きなメニューだけ4分の1ごとに盛ったり、揚げ林檎パイ包みを作ったり、ステーキの盛り合わせをアレンジしたり…。

まぁ、おかげで順調に肥えました。

笑。

そんな休憩時間の楽しみもありますが、お昼のピーク時は厨房内は戦場みたいでした。

レストラン内は満員電車並みに混み合い、注文も途切れることなく長い時は11時頃~15時頃まで。

作る方も食器を洗う方もレジもフル稼働で、間に合ってない所には急いでヘルプにも回ってました。

一日が終わったときは、へとへとで最初のうちは寮に帰ってすぐ寝ていました。

でも、そんだけ身体でおもいっきり働いてみんなで稼ぐことが、なにより充実感がありました。

それに忙しい中でもお客さんとの触れ合いや、美味しかったよ!などと声をかけて貰えたことも、また頑張ろうと思える力になっていました。

そして、3ヶ月強のシーズンで寮費も少なく出費も少なく、給料のほとんど貯金が出来き、なにより楽しい。

短い期間でしたが、最高の思い出になっています。